就活コンサル

就活2019 Vol5. 面接で自分だけの強みを分かりやすく伝える方法

こんにちは。業績アップコンサルタントの水木(みずき)です。

今日から3月が始まりますね。

就活戦線の開始です。

2019就活シリーズも今回で最後となりました。

このブログは主にお付き合いのある経営者さまに向けて発信しています。

その経営者さまのお子さまもこのブログを読んで頂いているようで、個別に相談が来ます。

みなさん悩んでいることは共通しているのですね。

今回が就活生に向けたコンサルティングとして最後になりますが、思った以上に反響があったので、機会があれば継続していこうかなと思っています。

最後に何を書こうかと思っていた時、こんな質問が多かったです。

面接試験で緊張しない方法を教えて下さい。

自分だけの強みが分かりません。

うまく伝えられるか心配です。

うーん・・・

どれも一朝一夕にはいきません。

やはり経験、体験しかありません。

いくらこのブログを読んで分かったつもりになっても、本番がうまくいくとは限りません。

なぜなら・・・

学生生活にどのように過ごしてきたかが問われるからです。

なので・・・

付け焼き刃の知識を身につけてもあまり意味はありません。

知識より、自分にとって役に立つ智慧を身につけることです。

確かに自分にはない知識を得ることは初めの第一歩です。

中には、自分の知らない知識すら受け入れられない方もいます。

人の脳は2つの本質的な特徴を持っています。

人は見たいものしか見ない。

人は見たくないものは見ない。

要は、自分で取捨選択しているのですね。

私は月に10冊以上の一般書を読みます。

専門誌も含めると30冊以上は読んでいます。

以前、インタビューさせて頂いた国立大学の教授さんもおっしゃっていました。

専門分野を3つ以上は持つこと。

例えば電気工学科の方なら、機械工学、情報工学の専門性も高めておくことです。

そのために、その大学では大学1年生から各専門分野の学生をミックスさせ、1つの課題を与えるそうです。

こうした取り組みによって、私はこの分野の専門家なんだという自覚と、幅広い知識・智慧を惜しみなく会得するという意識を磨けるそうです。

餅は餅屋に聞け

何事においても、それぞれの専門家にまかせるのが一番良いということの例えです。

しかし、餅屋でも色々な餅があります。

少し話がそれました。

話を元に戻しますね。

要は一朝一夕にうまくいく魔法のやり方は無いという事です。

知識を得るというのは良いですが、その知識を使えば自分の好きな事ができるというのは現実的ではないと思っています。

ではどうすれば良いのか?

普段から3年後になりたい自分を意識して今を愚直に生きる事です。

私も今までそうして生きてきました。

確かに私も安易な道に入ろうともしましたが、結局は過去でも将来でもなく今、現在をどのように生きるかに集中した方が良いというのが私の根幹です。

今からお話しすることは就活生にとって、ちょっと耳の痛いお話になるかもしれません。

でも知っておくだけでも役に立つと思います。

しかし・・・

日々実践してくださいね。

そして自分にとって役に立つ智慧を身につけて下さいね。

そうしないと、こうして私の話を聞いている時間もムダになります。

必要なところは必ずメモをして、今を精一杯生きていれば、必ずなりたい自分になれると思いますよ。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

ぜひこちらの記事を読んでから次にお進みくださいね

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

Vol1. 経営者さまが採用したくなる人材とは

Vol2. 答えられれば90%の確率で優良企業に採用される3つの質問とは?

Vol3. グループディスカッションで高評価を取る3つの秘訣

Vol4. 適性検査で絶対に採用しないタイプとは?

─────────────────────────────────
■ 2019就活生向けコンサルティング 5回目
─────────────────────────────────

今回が就活生に向けたコンサルは最後になります。

今日は冒頭にお話しした3つの質問についてお答えしようと思います。

その3つの質問とは・・・

面接試験で緊張しない方法を教えて下さい。

自分だけの強みが分かりません。

うまく伝えられるか心配です。

確かによくある質問です。

先に”あり方”をお話ししておきますね。

この言葉は苫米地 英人さんがおっしゃっていた言葉です。

”不安より不満を持ちなさい”

不安を持つ必要はありません。

今の自分に対して不満をもてば良いのです。

自分はできない・・・

自分には無理だ・・・

自分はダメだ・・・

こうした不安は何のメリットもありません。

みずから墓穴を掘っているだけです。

次のような不満を持つべきだと思います。

まだまだ自分にはできることはもっとたくさんあるはずだ!

自分はもっと分かりやすく人に伝えられるはずだ!

自分の強みはこんなもんじゃない!

しかし・・・

他人や環境に対する不満はやめて下さいね。

あくまで自分に対する不満にとどめておいてください。

そうしないとピントが徐々にずれていきます。

自分に対する不安ではなく不満を持ち、課題を見つけ、それに対して地道に取り組んでいってください。

そうすれば、自分にしかない”強み”を具現化することができると思います。

さて本題に入ります。

次の3つの事を簡単にお話ししていこうともいます。

1. 自分だけの強みを意識する方法

2. 相手に分かりやすく伝える方法

3. 緊張をコントロールする方法

でも、いくら”あり方”が重要だと言っても、就活生にとっては”やり方”を知りたいと思います。

このことは、以前ある大学にお邪魔した時に学生たちに60分ほどお話したことです。

紙面の都合上、すべてをお話しすることはできませんが、ポイントを簡単にお話ししていこうと思います。

1. 自分だけの強みを意識する方法

自分だけの持つ”強み”を30秒で話して下さい。

このような質問をして、答えられる学生は100人の中で2,3人でしょう。

まず、何を話して良いか分からない学生が大半です。

仮に話せても、どこかで聞いたことのある話をされます。

そして、きっちり30秒で話すことはまずできません。

私のこの質問の意図は、学生の話す内容ではなく、非言語メッセージをとらえることです。

第一声でわかります。

それは・・・

あ~

えっと・・・ 

う~ん、そうですね・・・

このような言葉の”ひげ”を使う人は、自分の強みを分かってはいません。

それだけでこの学生がどのような大学生活を送ってきたかが分かります。

そして次に目線を見ます。

目線が上、下、横のどちらにいっているのかを見ます。

目は口ほどに”もの”を語っています。

ここまではあくまで私の仮説です。

あとは、学生がお話しする内容で私のたてた仮説が30秒で徐々に明らかにされていきます。

もちろん、普通のコミュニケーションではこんなことはやりません。

私も疲れてしまいますので・・・

ただ、経営者さまをコンサルをする時には、まずこの手法を使います。

学生は素直です。

すぐに表情に出ます。

また話がそれましたが、自分だけの強みを意識する方法は1つだけお話しします。

自分の不満を書き出してみて下さい。

その中に、自分の強みが眠っています。

ある学生の例を取り上げますね。

その学生はこのような不満を書いていました。

やりたいことに対して時間がない。

ほう・・・

なるほど・・・

この学生の強みは何だと思いますか?

どんなことにも妥協を許さない信念

これがこの学生の強みだと思います。

時間がないというのは、やりたいことはたくさんあるという裏返しです。

もっと違う観点から見れば、やりたいことを徹底して深掘りしていきたい学生だと思います。

自分の持つ”強み”は無意識で当たり前のようにやってしまいますので、気づかない事が多いのです。

好きな事が”強み”ということを言われる方が多いですが、私は現在その方の持つ自分に対する不満の中に”本質的な強み”があると思います。

ご自身の不満を書きだし、客観的に自己解析してみると良いですよ。

しかし、他人や環境に対する不満はやめて下さいね。

あくまでご自身に対する不満を書いてみると良いと思います。

2. 相手に分かりやすく伝える方法

エレベータブリーフィングを学んでください。

この単語を検索するとたくさんの記事が出てきます。

主に5つの”型”で構成されます。

1. 何の話かを伝える

2. 何をして欲しいのかを伝える

3. どうなっているのかを伝える

4. どのような状態にしたいのかを伝える

5. 同意をもとめる

このお話をした後、私は次の質問をしました。

ご自身の”学生生活で印象に残っている出来事”30秒想定した面接官に分かりやすくお話ししてください。

ある学生の例をここでご紹介いたします。

私の研究で苦労したお話をします。

まず研究にどんなアウトプットを求められると思いますか?

研究はすぐに役には立たないというのが一般的な考えです。

私は3年後に必ず役に立つ研究をしています。

そのために論文だけではなく特許も一緒に書きます。

なぜならアイディアを形にすることは私の最も好きな作業だからです。

学生生活で特許を3件書きました。

ぜひこの特許を御社に使って頂き、新しい商品開発につながる仕事ができればと思います。

ほう・・・

さすが・・・・

すばらしい・・・

その学生は第一志望のある企業に入社されたそうです。

なかなかここまでアピール学生には会ったことはありません。

しかし、このような人材を企業は欲しがっています。

ぜひ、エレベータブリーフィングを使って、学生生活で学んだことを言語化してみて下さいね。

3. 緊張をコントロールする方法

よく頭が真っ白になった!と言われる方がいます。

私もよくなります。

でも真っ白になることは悪い事ではありません。

悪いのは不安になることです。

どうしよう、どうしよう・・・

ヤバい!まずい!

ダメかも・・・

私はこのお話の冒頭に”あり方”をご紹介いたしました。

”不安より不満を持ちなさい”

頭が真っ白になったらこう自問自答してください。

うん?なぜ頭が真っ白になったのだろう?

・・・

腕を組んでみる

足を組んでみる

首をひねってみる

体をつかって姿勢を変えると心は落ち着きます。

まずは、あっ!今、頭が真っ白になっているという現状を受け入れることです。

これは自己受容ともいいます。

このことを否定して、大丈夫大丈夫と言い聞かせても、焼け石に水です。

まずは現状を受け入れることが第一段階です。

そして、姿勢を変えるなどして少し間を取ってみることです。

3秒もあれば心が落ち着いて、次のアクションにうつれると思います。

しかし、これには場数が必要です。

まず、そのような状況に自分を追い込んだ経験が何回あるかです。

学生時代に頭が真っ白になる経験をされるのは、何かにチャレンジしたことがなければ、おそらくゼロに等しいでしょう。

この就活戦線でも頭が真っ白になることは多々あると思います。

その時は、良い経験をしていると自己受容し、姿勢を変えるなどして、ご自身の発想をその都度、軌道修正すると良いですよ。

何かのお役に立てればと思います。

今回もお読みいただきありがとうございました。

よろしくお願いいたします。

業績アップコンサルタント
水木 一晴(みずき かずはる)
info@kasshin.jp

─────────────────────────────────
■ 編集後記─────────────────────────────────

私は主に製造業の経営者さまをコンサルしています。

この就活シリーズも、ある経営者さまのお子さまからのご要望があり、私も良い機会だと思いお話ししました。

お話しする内容はその方の聞きたい内容によって変わります。

私は、その経営者さまのお子さまを想定していますので、就活生がお聞きになりたい内容とは少し違うかもしれません。

Vol1では経営者さまの立場から

Vol2では人事担当者さまの立場から

Vol3ではリクルーターさまの立場から

Vol4では採用担当者さまの立場から

そして今回は就活生さんの立場からお話ししました。

人はそれぞれの立場で見る点が違ってきます。

”視座”を変えた発想をすると自分の”強み”もよく分かると思います。

就活生さんのコンサルは今回で最後になるのですが、また機会があればお話ししてみようと思います。

少なくとも私のお話ししている内容は、ご参考程度にとどめておいてくださいね。

冒頭にも言いましたが、知識を得るのは良いですが、自分にとって使える智慧を身につけて欲しいと思っています。

人には各々、多種多様な考え、価値観をもっています。

私には自分なりの考えは持っていますが、そのことを押しつけたりすることはありません。

取捨選択するのはご自身です。

自分の言動や行動には自分で責任を持つこと

絶対に他人や環境に対して不満を持たず、自分に対して不満を持ち、それを解消するために地道に色々なことを実践してみると良いと思います。

もし・・・・

今、他人や環境に不満を持っていれば、それを紙に書き出してみると良いです。

言葉に表すと次第に落ち着いてきます。

私も、よくムシャクシャする時はA4の紙にギッシリ書き出します。

すると次第に自分への不満に変わってきます。

心は時には折れることも必要です。

”レジリエンス”と呼ばれますが、このお話をすると長くなりますので、またの機会にお話ししますね。

では、自分の強みを活かせる世界を見つけられることを祈願しています。

ありがとうございました

今までの2019就活シリーズもお読みくださいね!

Vol1. 経営者さまが採用したくなる人材とは

Vol2. 答えられれば90%の確率で優良企業に採用される3つの質問とは?

Vol3. グループディスカッションで高評価を取る3つの秘訣

Vol4. 適性検査で絶対に採用しないタイプとは?

────────────────────────────────
■ 業績20%アップ無料コンサルメール5大特典────────────────────────────────

メルマガ登録者には5つの特典を無料でゲットできます。

ダマすつもりはありませんは、一度だまされたと思って登録してみると色々な世界が待っていると思いますよ!

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■ 特典1 経営者さまにお薦めする10冊の推薦書リスト
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

私がお会いしてきた100人以上の経営者さまから直に教えて頂いた貴重な著書を10の分野から各1冊ずつチョイスしました。

貴社の経営戦略、経営理念などにお役に立てる著書ばかりですのでぜひご参考ください!

1. 経営学

2. 現代学

3. 組織心理学

4. 哲学

5. 人間学

6. 神経言語学

7. 組織経営学

8. 品質工学

9. 安全工学 

10. 歴史学

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■ 特典2 限定配信動画プレゼント
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

今までの対談動画を限定配信としてまとめてプレゼントいたします!

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■ 特典3 5000円の似顔絵を毎月抽選で1名にプレゼント
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

似顔絵師”ぽんさん”の似顔絵が抽選で毎月1名に当たります!!

”ぽんさん”はあのサイボーグ009,仮面ライダーの原作の石ノ森 章太郎氏のアシスタントを8年勤め上げた実力派の元漫画家志望の方です。

週刊少年チャンピオンの期待賞も取っています。

そして30歳から営業、介護の世界を経験し、現在、関わり合いあるすべての人を
”対話”と”似顔絵”で幸せにする似顔絵師さんとして積極的に活動しています。

1カット5000円の”ぽんさん”の似顔絵が毎月抽選で1名の方に当たります!

特に、ご質問などを私たちにして頂いた方には優先して当選するようにしたいと思います。

ぜひ色々なご質問をお待ちしております!

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■ 特典4 2時間7万円のコンサルを毎月抽選で1名にプレゼント
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

業績アップコンサルタントの私のコンサル料金は主に経営者さま向けのため2時間7万円します。

このコンサルを毎月抽選で1名様にプレゼントいたします。

ぜひこの機会に一度受けてみて下さいね。

きっとご自身の強みに気付けると思いますよ。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■ 特典5 私の番組に出演できる権利をプレゼント
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

60分のインタビュー形式で行い、Mizuki Channelの番組に公開されます。

もちろん事前にご了承は得ますのでご安心ください。

ご自身の番宣として活用しても良いと思いますよ!

 /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

業績20%アップ無料コンサルメールの登録はこちらからどうぞ!

https://maroon-ex.jp/fx126267/DwvRb9

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

なお、今までのバックナンバーは下記URLよりご覧いただけます。

よろしくお願いいたします。

バックナンバーはこちらからどうぞ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ プロフィール
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

活心中小企業コンサルティング事務所

代表取締役
エグゼクティブ コンサルタント

水木 一晴(みずき かずはる)

1999年 東京工業大学大学院 総合理工学研究科 卒業。

ある一部上場の製造業に20年間エンジニアとして働き、設計、製造、営業、市場品質と幅広く経験。

この経験を活かし、中小企業の業績アップをはじめ、二代目・若手経営者の育成や従業員のモチベーションのサポートに力を発揮。

10年間で100社以上延べ1000回以上の実践のコンサル経験も豊富で、業績アップにつながり、実践的ですぐに使える知識・智慧が身につくと言われています。

趣味はゴルフ、マラソンと体育会系ですが、月に10冊以上の本、雑誌、専門誌を読む読書家でもあります。

また何かご不明な点があれば、下記お問い合わせフォームからもご連絡頂ければと思います。

よろしくお願い致します。

 

 

 

お問い合わせフォーム

Leave a Reply

*