水木Channel

創業31年100軒以上の家を造った経営者さまが語る”ものづくり”の想いとは?最終話

こんにちは。業績アップコンサルタントの水木(みずき)です。

 

 

 

今日は、レゴランドホテルで記事を書いています。

 

 

 

 

 

 

部屋もベッドも広く、快適です。

 

 

 

 

 

 

仕事を忘れて子供たちと楽しんでいます。

 

 

 

若干狭いですが、子供部屋に2段ベッドとテレビもあり、家族でゆっくり過ごせるように設計されていると思います。

 

 

 

 

 

 

 

近くに飲食街もあり、ライトアップも音響もすばらしく、非日常的な空間をうまく演出していました。

 

 

 

 

 

 

駐車場も歩いて5分の所にあり、平日は1000円/日、土・日は1500円/日でリーズナブルでした。

 

 

 

子供たちが楽しみにしていたプールは予約制で1回45分30名なので当日は入れませんでしたが、翌日9:00から予約しました。

 

 

 

朝食は7:30からで、レゴランドは10:00からなので、朝もバタバタと楽しめそうです。

 

 

 

 

 

 

─────────────────────────────────
■ 本日の水木Channel
─────────────────────────────────

 

 

 

私は業績アップのコンサルタントなのですが、創業31年の高田建築さんには私のアドバイスはほとんど必要ありませんでした。

 

 

 

地域に根付いた活動を地道にされている経営者さまにとって、情報発信はお客様の口コミですでに成り立っているからです。

 

 

 

私はマーケティングや集客は実経済でお客様のために実践されている方は特に必要ないと思っています。

 

 

 

自らの市場は創り出すものであり、集客という発想自体が他人の土俵で相撲を取ろうとしているものなのです。

 

 

 

この考えをお話しする機会はまたYuri×Kazu Radioで取り上げたいと思います。

 

 

 

基本的にビジネスモデルは人に教えられるものではなく、自分自身で創り出すものです。

 

 

 

自立して創発する姿勢こそが、自分らしく豊かに生きる初めの一歩だと思っています。

 

 

 

この動画を視聴して、色々な事を感じ取っていただけると嬉しく思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

─────────────────────────────────
■ 編集後記
─────────────────────────────────

 

 

 

21:00から23:00までSKYLINE BARで私はお酒を飲みながら、子供たちはフライドポテトを食べながら遊んでいました。

 

 

 

 

 

 

案外、広い施設でした。

 

 

 

 

 

 

BARと隣接していますし、Wi-fiも完備されていますので、大人はゆっくり、安心してくつろぐことができます。

 

 

 

 

 

 

550円のグラスワインも4杯も注文して、2時間ゆっくりすることができました。

 

 

 

 

 

 

子供たちも大人たちもゆっくり過ごせる付加価値があると、また来てみたいと思ってしまいます。

 

 

 

私の主観では、結構リピーターが多いのではないかと思います。

 

 

 

周りにいるお客様も、国際色が豊かですし、その方々に対応されているスタッフさんも笑顔を絶やさず、主に英語で受け答えされていました。

 

 

 

ディズニーと同じような”おもてなし”を体感することができました。

 

 

 

また来てみたいと思わせる仕掛けが、随所にちりばめられていたと思います。

 

 

 

早速、現在のコンサルティングに活かしてみたいと思います。

 

 

 

今回もお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

業績アップコンサルタント 
水木 一晴(みずき かずはる)
 info@kasshin.jp

 

 

 

 

 

─────────────────────────────────
■ 追伸
─────────────────────────────────

 

 

 

”Kazu”のインタビューにご依頼いただきありがとうございました。

 

 

 

ご依頼フォームは閉鎖しました。

 

 

 

今後とも水木ChannelやYuri×Kazu Radioもよろしくお願いいたします。

 

 

 

ところで、サイボーグ009や仮面ライダーの原作の石ノ森氏のアシスタントを8年務めた漫画家志望の”ぽんさん”と先日収録をしました。

 

 

 

それいけぽん!というコーナーを設け、近々公開する予定ですのでぜひご期待ください。

 

 

 

漫画家志望×コンサルタントの対談はここでしか聞けないと思います。

 

 

 

私は先ほどマーケティングや集客はさほど重要ではなく、必要なのは自分自身で市場を創り出すこととお話ししました。

 

 

 

私はコンサルタントなので、知識や知恵をすぐに実践知として活かすことができます。

 

 

 

自分自身でどのようにその実践知を活用すればよいか?

 

 

 

その具体的な方法は手に取るようにわかります。

 

 

 

まずは、自分自身で実践し、結果がついてくるように絶えず軌道修正していくこと。

 

 

 

決して不安を持たず、不満に変えてそれをモチベーションとする原動力に変えていくこと。

 

 

 

この2つのことを私は心がけています。

 

 

 

みなさんはどんなことを心がけていますか?

 

 

 

色々なご意見をぜひお聞かせいただき、Win-Winの関係を多くの方と築き、お互い成功の架け橋を一緒にわたって頂くことができれば本望です。

 

 

 

末永くよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

─────────────────────────────────
■ 経営戦略・経営理念にお役に立つ無料プレゼントを差し上げます ─────────────────────────────────

 

 

 

私はエグゼクティブコンサルタントとして、特定の製造業の経営者さまに有益な情報を配信しています。

 

 

 

私のメルマガに登録して頂ければ業績アップのヒントに使える情報を無料でタイムリーに配信いたします。

 

 

 

なお今すぐメルマガに登録して頂ければ、もれなく「経営者さまにお薦めする10冊の推薦書リスト」を無料でプレゼントいたします。

 

 

 

無料プレゼントは予告なく終了することがありますのでご了承ください。

 

 

 

メルマガも必要なければ1クリックで解除できますのでご安心下さい。

 

 

 

無料プレゼントの中身を簡単に申し上げますと、私がお会いしてきた100人以上の経営者さまから直に教えて頂いた貴重な著書をから10の分野から各1冊ずつチョイスしました。

 

 

 

1. 経営学

 

 

 

 

 

2. 現代学

 

 

 

 

 

3. 組織心理学 

 

 

 

 

 

4. 哲学 

 

 

 

 

 

5. 人間学 

 

 

 

 

 

6. 神経言語学 

 

 

 

 

 

7. 組織経営学 

 

 

 

 

 

8. 品質工学 

 

 

 

 

 

9. 安全工学 

 

 

 

 

 

10. 歴史学

 

 

 

 

 

貴社の経営戦略、経営理念などにお役に立てる著書ばかりですので、ぜひ業績20%無料コンサルメルマガにご登録いただければと思います。

 

 

 

業績20%アップ無料コンサルメールの登録はこちらからどうぞ!

https://maroon-ex.jp/fx126267/DwvRb9

 

 

 

なお、今までのバックナンバーは下記URLよりご覧いただけます。よろしくお願いいたします。

 

 

 

バックナンバーはこちらからどうぞ!

 

 

 

活心中小企業コンサルティング事務所

代表取締役
エグゼクティブ コンサルタント

水木 一晴(みずき かずはる)

 

 

 

1999年 東京工業大学大学院 総合理工学研究科 卒業。

 

 

 

ある一部上場の製造業に20年間エンジニアとして働き、設計、製造、営業、市場品質と幅広く経験。

 

 

 

この経験を活かし、中小企業の業績アップをはじめ、二代目・若手経営者の育成や従業員のモチベーションのサポートに力を発揮。

 

 

 

10年間で100社以上延べ1000回以上の実践のコンサル経験も豊富で、業績アップにつながり、実践的ですぐに使える知識・智慧が身につくと言われている。

 

 

 

趣味はゴルフ、マラソンと体育会系だが、月に10冊以上の本、雑誌、専門誌を読む読書家でもある。

 

 

 

また何かご不明な点があれば、下記お問い合わせフォームからもご連絡頂ければと思います。

 

 

 

よろしくお願い致します。

 

 

 

お問い合わせフォーム

Leave a Reply

*