水木Channel

多動力の必要性とは?

こんにちは。業績アップコンサルタントの水木(みずき)です。

今日も寒いですね。

春が待ち遠しいです。

私は色々な視点から多種多様な記事を書いています。

経営者さまをコンサルした内容とか、時事ニュースとか、推薦図書の感想とかです。

最近では少し、エンターテインメント的な要素を入れたYuri×Kazu Radioというコンテンツを作成しています。

現役のカウンセラーコンサルタントが様々なお悩みをもつクライアントさまに対して、様々な角度からアドバイスをするコンテンツですが、結構好評をいただいています。

ぜひ、ご視聴頂けると嬉しく思います。

─────────────────────────────────
■ 本日の水木チャンネル
─────────────────────────────────

今回は、堀江貴文さんの「多動力」という本をご紹介したいと思います。

この動画では「多動力」の本で印象に残った3つのポイントをご紹介しています。

1. 水平展開モデル

 

 

2. 考動力

 

 

3. 質問力

いちコンサルタントの目で 中小企業の経営者さまのお役に立てるように 簡単にまとめています。

ぜひご覧下さいね。

─────────────────────────────────
■ 編集後記
─────────────────────────────────

1/26(土)にYuri×Kazu Radioの2回目の収録を行いました。

1回目の収録と比較すると、流れを少しずつ構築できたかな?と感じています。

この内容は現在、編集中ですが、その中で私も気付かされたポイントを1つご紹介したいと思います。

それは・・・

人を理解しようとする姿勢の大切さです。

先日の私の記事では”人を変えようとすること行為自体がおこがましい”と書きました。

でも、自ら気づいて頂く質問をして、お互い歩みあおうとする姿勢は大事とも書きました。

詳細は下記をご参照くださいね!

経営に最も必要な洞察力とは?

人間関係はこの理解しようとする”試み”が大切なのですね。

ご参考になれば嬉しく思います。

今回もお読みいただきありがとうございました。

 業績アップコンサルタント 水木 一晴(みずき かずはる)
 info@kasshin.jp

─────────────────────────────────
■ 経営戦略・経営理念にお役に立つ無料プレゼントを差し上げます ─────────────────────────────────

私はエグゼクティブコンサルタントとして、特定の製造業の経営者さまに有益な情報を配信しています。

今回メルマガに登録して頂ければ業績アップのヒントに使える情報を無料でタイムリーに配信いたします。

なお今すぐメルマガに登録して頂ければ、もれなく「経営者さまにお薦めする10冊の推薦書リスト」を無料でプレゼントいたします。

無料プレゼントは予告なく終了することがありますのでご了承ください。

メルマガも必要なければ1クリックで解除できますのでご安心下さい。

無料プレゼントの中身を簡単に申し上げますと、私がお会いしてきた100人以上の経営者さまから直に教えて頂いた貴重な著書をから下記10の分野から各1冊ずつチョイスしました。

1. 経営学

2. 現代学

3. 組織心理学 

4. 哲学 

5. 人間学 

6. 神経言語学 

7. 組織経営学 

8. 品質工学 

9. 安全工学 

10. 歴史学

貴社の経営戦略、経営理念などにお役に立てる著書ばかりですので、ぜひメルマガにご登録いただければと思います

メルマガ登録はこちらからどうぞ

なお、今までのバックナンバーは下記URLよりご覧いただけます。よろしくお願いいたします。

バックナンバーはこちらからどうぞ!

活心中小企業コンサルティング事務所

代表取締役
エグゼクティブ コンサルタント

水木 一晴(みずき かずはる)

1999年 東京工業大学大学院 総合理工学研究科 卒業。

ある一部上場の製造業に20年間エンジニアとして働き、設計、製造、営業、市場品質と幅広く経験。

この経験を活かし、中小企業の業績アップをはじめ、二代目・若手経営者の育成や従業員のモチベーションのサポートに力を発揮。

10年間で100社以上延べ1000回以上の実践のコンサル経験も豊富で、業績アップにつながり、実践的ですぐに使える知識・智慧が身につくと言われている。

趣味はゴルフ、マラソンと体育会系だが、月に10冊以上の本、雑誌、専門誌を読む読書家でもある。

また何かご不明な点があれば、下記お問い合わせフォームからもご連絡頂ければと思います。

よろしくお願い致します。

お問い合わせフォーム

Leave a Reply

*